FC2ブログ

日本のジャムたち

柿ジャム 秋ジャム
写真左:ジャムにするため、粗製糖をまぶした柿+柚子, 写真右:左から、林檎、梨、柿+柚子のジャム

この時季になると、「たくさん採れるから・・・」と、いろいろな方から戴くことが多い、柿や柚子。
ともに中国周辺原産で、古く、柿は弥生時代以降、柚子は飛鳥時代以前に日本へ渡来して以来、日本の風土文化にもすっかり馴染んでいる。

農家出身の方から、「昔は、砂糖が貴重品だったから、農家では砂糖の代わりに、甘みには柿(干柿?)を使った」と聞いたときには、新鮮な驚きがあった。

昔の人の知恵にも学びながら、無農薬でも丈夫に育ってくれる重宝な果樹たち、柿や柚子をもっともっと活用したい!

まずは、柿+柚子のジャムを作った。隠し味に生姜も加えて。
煮る時間を短縮しフレッシュさを残しエネルギーも節約するために、粗製糖をまぶして一晩置いてから、翌日、煮た。
クラッカーに、水切りした豆腐+「めんこいシリアル(『プロ農夢 花巻』製、日本の雑穀と古代米のシリアル)をミックスした和風カッテージチーズ風?とともに載せて。


ジャムラベル
柿+柚子ジャムをおすそ分けしたなおみさんから、お返しに、林檎ジャムと梨ジャムをいただいた!
しかも、さすがは根っからのプロデューサーのなおみさん、とってもすてきなラベルを付けて・・・!

材料の林檎と梨は、「奇跡の林檎」の木村秋則さんの指導を受け、無農薬栽培への転換を目指しているという福島県の「あんざい果樹園」さんのもの。
熟れすぎていたり傷が入ってしまって、捨てられる運命だったもの(慣行栽培品)を格安で譲り受けたそうだ。
香りよくさわやかでフレッシュな林檎ジャムと、とろりと甘い梨のジャム、どちらもとてもおいしい!

無農薬栽培に取り組む農家さんたちを私ももっと応援したい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード