ツバメのねぐら入り観察会

s-コピー ~ DSC00015
「ツバメのねぐら入り観察会」は、吊り橋の上に浮かぶ彩雲のもとスタート。

夕焼けの色が深まるとともに集まり始めた300羽ものツバメが飛び交う壮観は、
広大な水辺空間にヨシ原が保全されているからこそのもの!

s-DSC00029.jpg
ヨシ原へのねぐら入りの前に、池の水を飲んだり浴びたり・・・
とても気持ちよさそうです。

s-DSC00031.jpg
もうひとつ、個人的にうれしかったこと。
観察会で、三脚を付けた望遠鏡のレンズに遠くの野鳥をさっと収め、
それを順番に覗く参加者たちは大喜び・・・
そういうスタッフの様子をかっこいいなと眺めていた私ですが、
今日、その役回りのデビューを果たせ、ひとり悦に入っていました^^
手ほどきしてくれたFさん、ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード