スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラムシで帽子

「たからの庭」で旺盛に生育するカラムシが、おそうじ会で集中除草の対象に。
管理人さんは「迷惑草」とおっしゃいますが、
縄文の昔から、その繊維が利用されてきた有用植物(カラムシについてはこちらの記事を)。

庭掃除に集まったお仲間たちに、そんな話をしたら、皆さん興味を持ってくれて、
繊維を採るために、カラムシを持ち帰る方が続出でうれしい。
言い出しっぺの自分が、ちゃんとカタチにできるかちょっとプレッシャーでしたが・・・

カラムシの皮
カラムシの茎の皮をはいだのがこちら。

「上布」など衣類用には、外皮は使わず、
白く光沢がある繊細な内皮の繊維のみをこそげ取り、糸に撚りますが、
今回は、このまま外皮ごと、固さと素朴さを活かし、帽子を編んでみることを思い立ち・・・

帽子
目論見どおり、完成しました!

こんな有用な素材が、身近に豊富に生育していて、タダで手に入るという、自然の恵みに感謝。
そして、このご時世(改憲?、安保法制、TPP・・・)、
改めて、ガンジーのカディ運動(衣類の自給自足推進)に学びたいとか、
お金って、価値の尺度でなく、身近に無い物を手に入れる手段とか、思いを巡らせたり・・・。
(帽子1つで語りすぎ?!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。