FC2ブログ

タブノキの大枝を前に・・・

目の前には、この雪の重みで折れてしまったタブノキの大枝が。
IMG_1189.jpg IMG_1190.jpg

タブノキは、私自身も暮らす海沿いの平野部などに成立する自然林の主役の照葉樹。
ぽってりとした葉を付ける大らかな枝ぶりの堂々とした大木は、
「ふるさとの木」として、心のよりどころになると同時に、
その樹皮や枝葉は、粉末にして線香の粘結材になったり、
八丈島名産の染物「黄八丈」の樺色を染める染料になるなど、暮らしの中の有用植物としても、恩恵を与えてくれる。

山の自然を守るためには、そこに生える植物のこと、その植物を暮らしに活かす知恵をつないでいくことも大事・・・、
地域自然フォーラム「二子山山系のこれからの森づくり」で、そんな話をタブノキも例に挙げながら、聞いた翌日に、この出来事。

身近な植物に親しみ、活かし、自然とのつながりを取り戻す、そんな取り組みに対する思いを新たに。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード