FC2ブログ

たからの庭でムクノキ&タマアジサイ染め

北鎌倉たからの庭の植物を使う草木染めワークショップ。
今日の染料植物は、タマアジサイとムクノキ。
02IMG_3844.jpg 03mukunoki.jpg
タマアジサイ(写真左)は事前に布を染めてありますが、ムクノキ(写真右)は、葉を採取するところから草木染め体験!

04IMG_3846.jpg 05IMG_3864.jpg
ムクノキの葉は表面がざらついているのが特徴、かつては漆器の木地や象牙などを磨くやすりとして使われ、ムクノキの名の由来は「木工の木」というのも諸説のひとつ。
・・・という話をしたら、「やすりを試してみる!」と葉を持ち帰る方が続出、好奇心旺盛な皆さんです!

そしてムクノキは、一見ブルーベリーのような甘い実をたわわにつけ、それを食べる鳥たちによって種子が運ばれて、あちこちで芽生えを見かけることが多いのも特徴。
似た仲間のエノキの葉と比べながら、葉の形態の特徴をお勉強、
しっかり覚えて、見付けた時にまた草木染めができるように・・・!

06IMG_3857.jpg 07IMG_3872.jpg
採った葉は細かくしてから煮出していきます。
媒染剤はミョウバンと鉄の2種類、それぞれの色を楽しみに・・・

08IMG_3877.jpg 09IMG_3875.jpg
まずはミョウバン媒染が染まり上がりました!やさしい丁子色系。
染まった布はくるみボタンに加工してから、ブローチまたはマグネットお好きな方に仕上げます。
今日は皆さん全員ブローチと気が合います!

10IMG_3891.jpg 11IMG_3885 - コピー
染まった布とくるみボタン、左上から時計回りに、タマアジサイ鉄媒染、タマアジサイ銅媒染、ムクノキ鉄媒染、ムクノキミョウバン媒染。
写真では鉄媒染の2色の色味がわかりにくいですが、タマアジサイの方は紫を帯び、ムクノキの方はわずかに緑を帯び、微妙なニュアンスがたまらない大人色です。

ムクノキの枝葉とブローチを並べればアート作品風!?

12IMG_3912 - コピー 13IMG_3913.jpg
端切れを染め色見本として貼りこめば、本日のオリジナル資料の完成です!

14IMG_3886.jpg 15IMG_3896小(ブログ用)
最後にお出しした、薬膳ヨガさんのオリジナル「豆ヨガ茶」も、皆さんに大好評!
今日は、陰陽五行論で秋の季節に必要な潤い作用のあるビワ葉もブレンドしました。

できあがったブローチを全員の方が、さっそく身に付けて下さり、とってもよい笑顔だったので、ムクノキとタマアジサイの前で記念撮影いたしました!
どうぞ今後もご愛用くださいませ。
身に付けると誰でもやさしくなれちゃう「魔法のブローチ」という噂もチラホラ!?

16IMG_3898.jpg
ふと気付けば、たからの窯の前に展示してあるお皿のモチーフもムクノキ!
今日は、ムクノキが陰の主役のたからの庭だったのでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード