FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ススキで自家製アロマスティック

オシャレなお店でオシャレに「アロマスティック」が展示販売されていて、
商品表示を見てみると、アメリカ製でヨシ(イネ科植物)が原料とある。
それなら、わざわざ輸入し、わざわざ買うことないな、と・・・。

IMG_2629.jpg
ヨシより身近で手に入ったススキの茎を適当な長さに。
アロマ溶液は、庭で摘んだラベンダーのアルコール抽出液(チンキ剤)を。

<チンキ剤の基本の作り方>
1: ガラス容器にハーブ(通常はドライ)を入れ、完全に浸る程度にウォッカを注ぎ、ふたを閉める。
2: 日当たりの良い場所に置き、毎日、瓶を振る。
3: 2週間後、コーヒーフィルターなどで濾して、出来上がり。

チンキ剤に使用するアルコールは、薄めて化粧水にしたり、自然塩と合わせてバスソルトにしたりなど、いろいろな応用をするのに適する基本的な濃度が50%程度(ウォッカなど)なので、
今回はその濃度で作ったものを使ってみたら、香りは弱く、近くでほのかに香る程度。
アロマスティック専用なら、無水エタノールのほうがよいのかも??
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。