FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の片すみ 野生のブドウ

01庭のエビヅル雄株 02空地のエビヅル
地元で唯一の野生の食べられるブドウ、エビヅル。
2-3年前に、我が家の庭にも1株、自然に生えてきて、今年、待望の花を確認するも、期待外れの雄株と判明・・・(写真左)。
どうしたものかと眺めていた、その日、普段歩かない道を歩いていて、空き地で、実を付けた雌株に出会った(写真右)!

03エビヅルの実 04エビヅル種子
山地生のヤマブドウに比べれば、実のサイズも見劣りするけれど、
持ち帰らせてもらった実を食べてみると、甘酸っぱくて充分おいしい(写真左)!

ブドウといえば、太古の昔から人々の重要な食料。
発酵させてお酒やパンやお酢に、干せば保存のきく甘味のもと、種子(写真右)からは食用や外用になる油が採れ、葉も塩漬け等にしてトルコ料理など、そして、つるは籠など工芸品に。
・・・人類の歴史の中、つくづくありがたい植物だ!
そんなブドウの中でも、野性児エビヅルなら、無農薬でたくましく育ってくれる!!

永住の広い庭があるならば、気長に種から複数株を育てるのだけど、とりあえず、雌株の挿し木にトライ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。