FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻の神さまと機の神さまを詣でる

越後上布などの麻織物の産地として知られる、新潟県十日町にて、
麻織物の神さまを祀る松苧(まつお)神社と、機織りの神さまを祀る御機神社を訪ねるツアーに参加。

01苧麻 02アカソ
奴奈川姫(麻織物の神)が、苧麻と五葉松を携えて降臨したという松苧山を登りはじめると、その由来にふさわしく、苧麻(写真左)や赤苧(写真右)が、今も豊かに生えている。

03山道 04鳥居 
この奴奈川姫を祀って、大同2年(807年)、坂上田村麻呂が松苧神社を創建したという。
山頂にある神社を目指して山道を登る。
途中の山腹に建てられた鳥居、その元にも苧麻が生えていた。

05まつお神社
たどり着いた、風格漂う木造茅葺きの本殿(国の重要文化財)に手を合わせ・・・。

戦国時代、上杉謙信は、苧麻の栽培を奨励するとともに、苧麻を素材とする越後上布を専売制とし、軍資金の最大の財源になったそうだ。
松苧神社には、上杉謙信をはじめとする戦国武将たちが、戦勝祈願に参拝したともいう。
そして、明治時代まで、女人禁制の山だったとのこと。
先ほどの鳥居までが、女性の立ち入りが許された場所だった。

・・・女性たちのたゆまぬ働きによって織り上げられた美しい麻布が、戦国の世を陰で支える役目を背負い、
そして、麻織物の神さまなのに、織り手の女性たちは詣でることができずに、戦地へ赴く男たちが詣でる!?
ノスタルジーが消えるほど、翻弄された歴史を知り、なんだか考えされられた。

続いて、十日町駅からほど近い諏訪神社境内、
機織りの神さま、苧績屋媛命(おむやひめのみこと)が祀られる御機神社へ。
06御機神社 07布
織り始めや織り終いのキリセンや、切れ子を神社の格子戸に結びつけて祈る習慣が、今も受け継がれていた(写真右)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。