FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非電化工房へ

「愉しい非電化」「月3万円ビジネス」などの著書でひかれた、那須にある非電化工房、藤村靖之先生による「地創塾」の第1回へ。
01非電化工房 02非電化工房
水と緑に囲まれて、素敵な手造りのストローベールハウスやモミガラハウスなどの建物、自然の摂理に沿って鶏にとっての意心地の良い環境が追及された鶏小屋、そして建設中の「非電化カフェ」(基礎のみ)などが点在。
03鶏小屋 04モミガラハウス1
私の宿泊は、モミガラハウスに決定(写真上右、下左)。
屋根、壁、床、すべてに厚い籾殻の層があり、壁の一部でそれが見えるようになっている(写真下右)。
外は涼しくても中は暖かで、断熱効果を実感!

05モミガラハウス2 06モミガラ

講座は、まずは、藤村先生による、「共生社会が目指す社会システム」についてのお話から。
・共生社会とは、依存社会や競争社会の対極
・自分の存在をしっかり表現するが、自己主張ではなく、対話・コミュニケーション能力が重要
・閉鎖的コミュニティーでも独立した理想郷でもなく、今住んでいる地域のコミュニティーの再構築
・「大きなことを言うだけ」ではなく、「小さなことを愉しく実行する」・・・など。

次に、参加者20名の自己紹介にたっぷりと時間を費やし、最後は、つつじ吊橋への散策も。
07つつじ吊り橋
・・・初回はこんなにのんびりでしたが、宿題はきっちりと出され(①半カフェ半Xの“X”を考える。②非電化カフェらしいイベントを1つ考える、等々)、次回からはきっと、ヒートアップ!?


***「地創塾」のシンボルフラワー?:カキドオシ***
08シンボルフラワー1:本名(和名) カキドオシ(垣通し)
 垣根を越えて、水平に茎を伸ばして生長し、地に根を張ってゆく。
 (今、花の時期だけは、茎を上へもたげて、ちょっと自己主張)
2:別名その1 連銭草(れんせんそう)
 コインのような葉が連なって付く様子が名の由来。
 こんな風に、「小金」のつながりが続いていきますように!
3:別名その2 癇取り草(かんとりそう)
 癇の虫を鎮めるために使われてきた民間薬。
4:食用やお茶にもなるので、自給力もアップ!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。