FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山菜のお裾分け

山菜
ゆうべ、ご近所のHさんから、「岩手から山菜がたくさん届いたから・・・」とお裾分けをいただいた!
「こごみ」(左)を山盛りいっぱいと「ぼんな」(右)を少々。

こごみは、植物としてはクサソテツといい、関東の人里近くにも生えるシダ植物。
とはいえ、目にすることはあっても、採取して口にできる機会はそうそうないもの。
ぼんなは、植物としてはヨブスマソウといい、東北などで山菜として食される山地生のキク科植物。
こちらは、山らしい山に分け入らなければ、お目にかかることすらないものだ!

こごみマヨ酢味噌和え こごみ塩漬け
ぼんなは、シンプルにお浸しに。
しゃっきりとみずみずしい歯ごたえが、山菜らしいおいしさ。
でも、菊のような香りと味自体は、意外にも、同じキク科のセイタカアワダチソウにそっくりだ(ふつう逆?)

一度に食べきらないこごみは、半分は塩ゆでしてから、筍とともに酢味噌マヨネーズ和えなどにして(写真左)。
やわらかくクセがない味、そして少々のぬめり感が、酢味噌マヨネーズにもよく合い、おいしい!
残りの半分は、塩漬けに(写真右)。
塩ゆでしてから、生の時のこごみの重さの30%程度の塩と交互に重ね、ラップの上から重石を。
翌日、重石を外して消毒した瓶へ移し、表面に新しい塩を振って、ふたをした。
数か月持つらしく、食べるときには、塩抜きをする。

この時期だけの貴重な豊かな風味を満喫!
Hさん、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。