たからの庭で椿染めを行いました!

13IMG_4730.jpg
北鎌倉の浄智寺谷戸に佇む「たからの庭」は、山の野生の植物と庭の植栽植物とが混然一体となって織りなす風景が魅力。
椿についても、素朴な野生のヤブツバキと華麗な園芸品種の椿が共演し、今が花盛り、
まさに、その名のとおりのたからの庭!という風に華やぐ春分の日に、椿染めをさせて頂きました!

02IMG_4702.jpg 03IMG_4716.jpg
椿の葉を刻んで煮出したものを染料に。

04IMG_4718.jpg 05IMG_4734.jpg
そして2種類の媒染、椿の灰でピンク系ベージュ、銅で茶系ベージュに染めた上に、絞りを施し、グレーに染まる鉄媒染を重ねていきます。

06IMG_4773.jpg 07IMG_4742.jpg
絞りの手法は、椿に因んだ2種類をご用意。
1つ目は、椿の花のような柄に染まる「十字絞り」というチベットの技法、
十字型の4つの折山を傘をたたむように巻いて絞ります。
2つ目は、椿の親戚にあたるお茶の木の種を芯にして絞る、手ぬぐいでおなじみの「豆絞り」ならぬ、「茶の種絞り」!?
実の形、種の形は椿のそれのミニュチュア版。

そして、作品に「椿の力」が込められるよう、椿のもついろいろな力、適応力、包容力、ストレス耐性力、国際力、等々・・・についてのお話もさせていただいてから、絞りの作業へ。
さて、どんなふうに染まり上がるか、期待とドキドキ、鉄媒染液の中へ・・・

08IMG_4749.jpg 09IMG_4757.jpg
20分後、水ですすいで絞りをほどくと・・・見事に椿の花が咲きました!

10IMG_4759.jpg
作品が縁側で一堂に会します!
絞り染めのほか、お好みで、グラデーション染めや無地も染めていただきました。

11IMG_4764.jpg 12IMG_4767.jpg
最後は、お楽しみの、たからの庭おかかえ料理人、末さん特製のおやつタイム!
今日は、椿に因んで、椿油のブレンドオイルで挙げた、鹿児島郷土料理「ガネ」。
サツマイモに胡麻や生姜、米粉をまぶして揚げたもの。
基本の味と、もうひとつは、たからの庭産ユキノシタ入りという心憎いアレンジ!
おいしさとめずらしさで、とっても盛り上がりました!
末さん、どうもありがとうございます!

14IMG_4782 - コピー IMG_4784 - コピー
今回も、オリジナル資料は染め色見本を貼っていただき完成です。
椿の力、椿の色をたっぷり感じた濃い2時間となりました。
たからの庭の椿の木とご参加の皆さまに感謝です・・・!
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード