スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗染めの掘り出し物!

葉山にあるナチュラルコスメや服の店レパスマニスで、意外な掘り出し物に出会ってびっくり!
IMG_1351.jpg

「100年ほど前に作られた大麻布 栗染め」
店主の直美さんの品揃え、センスは、やっぱりおもしろい、ステキです!
(ビーズは直美さんによるリメイクです)

かつて、自分で栗染めをしたものはこちら
木綿を10回くらい重ね染めして、ようやく、栗らしい深みのある茶色に染まったのですが・・・。

この大麻布も相当重ね染めをしたのでしょうか?
木綿と比べ、染まりやすさはどうなのでしょう・・・?

なにより、どんな人が、何のために、どんな気持ちで、染めたのでしょうね~!!
スポンサーサイト

なみなみ秋の交流会で散策

11/23、葉山・逗子・鎌倉エリアの地域通貨なみなみの秋の交流会で、自然散策を担当することに。

いちばんの目的は、メンバーの交流!
でも、地域に根差した地域通貨の活動の基盤になるこの土地の自然のことをみんなで知りたい!
特に、今の季節ならではの自然を楽しみたい!
そして、なみ(地域通貨の単位)貧乏さんが取り残されていくことのないよう、ゲームで「なみ」をゲットするチャンスを作ろう!
・・・という欲張りなミッションを果たすべく、下見を重ね、策を練り・・・!

「秋の実り」をテーマに、2つのゲームを用意。

*写真提供:佐藤正治さん

その1!
風に乗ってくるくる回って飛ぶ木の実を使った、チーム対抗、木の実の滞空時間競争!
1s-_MG_4860.jpg
2チームに分かれ、まずは、各自、アオギリ、ケヤキ、イロハモミジなどの実を物色。
2s-_MG_4857.jpg 3s-_MG_4870.jpg
チームで持ち寄り、優秀な代表選手を選んだら、それを同時に落として、着地が遅い方が勝ち!
4s-_MG_4865.jpg
勝利チームメンバーは、各200なみをゲット!

IMG_1349.jpg
その2!
場所を変え、今度は、松ぼっくり探し競争。
先ほど拾ったイロハモミジの実(黄コーナー)にそっくりな青コーナーは、実は、松ぼっくりの中に潜むクロマツの種だったんです。
そして、今日、松ぼっくりを集める理由は、ランチタイム用に、参加者みんなで具材を持ち寄って準備している「なみやみ鍋」を煮るロケットストーブの燃料になるため!
6s-_MG_4935.jpg
食べ物のため、なみゲットのため、探す姿も真剣そのもの!?

7s-_MG_4940.jpg
勝利チームの満面の笑顔も記念にパチリ!

そのほかにも、道々で木の実や野草の花を観察しながら歩き、いちばん人気だったのは、ケンポナシでした。

地元の自然を地域の気のいい仲間の皆さんとともに楽しめた、充実の1日!



*****

今回の自然散策は、このほか、葉山在住の写真家でなみメンバーでもある佐藤正治さんのご案内による写真撮影タイムも呼び物でした。
この記事の写真は、すべて、佐藤正治さん撮影のものです(黄コーナー青コーナーの写真を除く)
ありがとうございます!

 *佐藤正治さんのHPはこちら
 *地域通貨なみなみブログにおける本イベントの報告記事はこちら

発酵fun day から称名寺へ

ASABAアートスクエアで開かれた発酵Fun Dayへ。
1発酵fun IMG_1359
いきいき発酵パワーいっぱいのおいしそうなものがズラリ!!
2ランチ 4グラタン 5バークレーのもみじ
いただいたのは、日替わりシェフ虹空cafeさんのおつまみ3種(ザワークラウト・なすと厚揚げのバジル塩麹炒め・納豆のジョン)、そして雑穀キッチンるんちゃんの酒かすみそグラタン(酒粕ディップパン添え)。
すべてがほんとにおいしくて、心も体も満足感いっぱいに・・・!

意外性あるおいしさの酒かすみそグラタンは、米油でいためたネギ、そしてマカロニに、雑穀(アワだったかな?)を豆乳で炊いてホワイトソース風にしたものをたっぷりからめ、味付けは酒かす・みそに柚子の風味もきかせて、さらにチーズ・パン粉代わりのトッピングは玄米もちのすりおろし・・・!
油分はネギを炒めた米油のみ、乳製品は不使用で、こんなにもコクと満足感のあるおいしさに、感動!
真似して、作ってみたいなあ。

シェフのるんちゃんは、1か月ほどのバークレー滞在から帰国したばかり。
ちょうど向こうは紅葉がすばらしい時期だったそうで、「草木染用に!」ときれいな落ち葉をお土産に持ち帰ってきてくれた。
・・・ありがとう!

6発酵展示 7麹展示
発酵に関する展示も、内容が充実していて興味深い。

11IMG_1376 12IMG_1377
隣接の称名寺にも足を延ばし・・・
13IMG_1381

14IMG_1383
青空のもと、黄色の公孫樹、紅い山茶花、秋の彩りが鮮やかに輝いて。
15IMG_1382 16満開山茶花
称名寺の背後に控える市民の森も登り詰めると、開ける眺望に心も伸びやかに・・・!
17市民の森の眺望

ソーラークッキング!

ソーラー01
職場でのイベント用に、ソーラークッカー購入の提案が通ったけれど、実際には使ったことはなかった。
というわけで、ソーラーハウスにしかわさんの紹介で、トランジション茅ヶ崎主催のロケットストーブワークショップを見学させていただくことに!
ロケットストーブ作りとともに、ソーラークッキングをするという。
会場の相模川河川敷は、願いがかなって、穏やかな晴天が広がり、ソーラクッキングの期待も大!

ソーラー02ソーラー04ソーラー05ソーラー03
様々なタイプのソーラークッカーたち。
左から、1つめは、パラボラ型で、太陽光を焦点に集めるので、太陽の方向に照準をきちんと合わせて使う。
今回は、これで、ポップコーンやホットケーキ、パエリアを!
パエリアは、通常、真昼であれば40分ほどで完成するという。予想以上の速さ、太陽熱の威力!

2つめは、制作が簡単なパネル型。飲み物を温めている模様。

3つめは、ソーラークッカーの親戚、ソーラードライヤー。これでラスクを作る。

4つ目は、熱箱型で、特にサンオーブンの名があるもの。
庫内に設置された温度計は120度を指していて、今回は、これで、ねっとりおいしい安納芋を焼く。
ブランコ状の台に、ホイルで包んだお芋を直接載せて。


ソーラー06
ソーラークッキングに使う鍋等は、黒色が鉄則!
黒いフライパンに、ホットケーキの生地を入れ、「黒いアルミホイル」を載せる。

ソーラー07 ソーラー08 ソーラー09
鍋の素材のおすすめはこちらという(写真左)。
そして、ロケットストーブは、鍋を載せると煤(すす)で黒くなってしまうのが、嫌われがちだけど、煤で黒くなった鍋は、ソーラークッキングには、もってこい!
ロケットストーブとソーラークッカーは、よいコンビだ!

ソーラー10 ソーラー11 ソーラー12
太陽のエネルギーで出来上がった、ホットケーキ、パエリア、焼き芋をおいしく試食させていただいて・・・

関係の皆さま、本当に、ありがとうございました!
ソーラークッカー、我が家にも1台欲しいなあ・・・!


*** おまけ ***
ロケットストーブ作りの講師の鈴木さんには、秦野の酒屋でまとめ買いしたという「酒粕」のお裾分けまでいただいてしまいました。
打上げグラタン 打上げ薬膳鍋
なので、今晩の持ち寄り忘年会には、急きょ、この酒粕を使って、るんちゃん直伝?酒粕みそグラタンを作っていくことに。
しょうこさん特製、身も心も温まる絶品、薬膳鍋(だし汁スープは、干しエビ、なつめ、クコ、鶏etc...)などとともに、テーブルに載り、たのしいひととき・・・!
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。