どんな風にも負けない桜、そしてアロマテラピー

KC3B0039.jpg 昨晩からのものすごい風、
 そして昨夜もろくに眠れず、覇気なし。

 それなのに、外へ出ると、
 花が咲ききる前の桜の花たちは、
 あれほどの強風にもまったく花びらを落とすことなく、
 しっかり花を咲かせていた!
 繊細ではかなげに美しいばかりに見えるのに、
 花を咲かすという役目を果たしきるまでは、
 逆境にも負けない強さに感服・・・!
 見習わなくては!

 そんな「花の力」にあやかりたくて、本日のアロマテラピーは、ネロリ主体にユーカリやフランキンセンスを加えたブレンドに。 
スポンサーサイト

湘南 花逍遥

桜の花や木々の新緑が美しい、一年の中でもほんの一瞬のこの時季の休日に、お天気に恵まれ、そして、思い立ってふらっと歩いて、身近に出かけられる幸せ!
阿部倉山4
阿部倉山は、針葉樹の濃い緑がぐっと、淡くやわらかい花霞や新緑を引き立てている。
それに、湘南の山では桜の花が、ピンクのヤマザクラだけでなく、白いオオシマザクラも混ざるのがまたよい!

ヤマザクラ ニオイタチツボスミレ
ヤマザクラはまだまだ見ごろ。
そして、今日出会えていちばんうれしかった花、ニオイタチツボスミレは、その名のとおりの甘い香りをくんくんと確かめる。
濃い紫と白い芯のコントラストが際立つ花もかわいらしく、園芸品のパンジーやビオラの仲間だということが実感できる、日本産の野生のスミレ。

イノデ アケビ
大型のシダ、イノデの、その名の由来の「猪の手」のような芽出しも面白い。
アケビの花は、ミツバアケビよりも淡くやさしい色。

アオキ雌花 アオキ雄花
アオキの花も、よく見ると地味ながら美しい。左が雌花、右が雄花。

カゴノキ 東京湾
そして、意外にも、二子山(逗子市)からは、東京湾まで見渡せ、心もいっそう伸びやかに!

ハンドトリートメントレッスン

アロマトリートメントの中でも、場所を選ばず手軽に出来、感情や疲れをほぐす効果も高いハンドトリートメントをマスターしたくて、久々の2回目のレッスン。

レッスンの始めに、木田先生からは、じっとしていることのないやんちゃな幼児から難しい年頃の思春期の子まで、ふだんゆっくり向き合う機会がない親子がハンドトリートメントを通して絆を深めていたり、施設でトリートメントのボランティアさんが来るのを心待ちにするお年寄りの方などの実例のお話があり、改めて、アロマハンドトリートメントの効果を実感、意欲も高まる。

トリートメントオイルは、椿油10mlにエッセンシャルオイルを2滴、1%濃度に。
エッセンシャルオイルはパチュリとローマンカモミールを選んだ。

前腕から手の甲、指、てのひらへ。
そう複雑でない手技も、ぎこちない。
とにかく忘れないうちに繰り返し、なれることが大切だ・・・。

今日、一緒に学んだ方たちは、みな楽しい方たちで、Aさんが立ち上げたというholistic cafeもすてきだ。
昼休みは鎌倉の趣きある町並みを散策がてら、十割蕎麦がおいしいという千花庵へ。
思いをともにする方たちとのこんな出会い、交流もうれしかった。
KC3B0046.jpg KC3B0044.jpg KC3B0045.jpg

4月の庭

シュンギク
春菊の花。
まばゆい黄色の花がハッとするほどキレイ・・・!
野菜なのに、花までこんなにきれいだとは、ご立派すぎます!
子どもの頃、祖母の庭で初めて見たときも印象的だったことを思い出しました。

コデマリ(写真左下)、クレマチス・アーリーセンセーション(写真右下)を抑え、
春菊、トップ写真に大抜擢させていただきました。
IMG_1452.jpg クレマチス

海に染まった日 ~ひじき染め~

1.jpg 3.jpg
海のミネラルやいろいろがぎゅっとつまったような、ヒジキの蒸し汁で染めるワークショップに参加。
絞りは浜の小石で。媒染液(クギ+酢)は海水で割って。すすぎも海で。海尽くしの染め!
「すぐそばにあるものに目を向け、使う」Yさんならではの企画。
4_20100429215957.jpg 5_20100429215957.jpg 6_20100429215956.jpg

絞り染めの仕上がりは、つくった人の個性が現れてひとつとして同じものがなく、それぞれ素敵だ。
7_20100429225034.jpg 2.jpg
そして浜辺には、昆布?やら、天草など、ヒジキ以外の海藻、海の恵みが豊富に打ち寄せられている。
念願だった、天草を拾い集めるところから始める寒天作り。
初めて自分で拾うことが出来、今日その1歩が実現!

ティータイムのハッピーフードさんの甘酒とドライフルーツのケーキもおいしかった!
ひとつ買ったら、なんとトンビにかっさらわれてしまい買い直したら、サービスでもうひとついただきました・・・
ありがとうございます!

11.jpg 14.jpg

子どもたちは、まつぼっくりを燃料に、焼きマシュマロ。楽しい思い出まちがいなし。
8.jpg 9.jpg 10.jpg

海に洗われ、海に染まった1日。
そして、いかに「すぐそばにあるもの」で暮らすか、というテーマが心に刻まれた。
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード