スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和ハーブ マジック!

今日の驚き、ご褒美は・・・!?

s-IMG_6076.jpg s-IMG_6079.jpg
s-IMG_6077.jpg s-IMG_6084.jpg

畑の際で花盛りのカキドオシを摘んでフレッシュティーにして、エルダーフラワーシロップを入れてみたら、黄緑のお茶がピンクへ変容!

pHのせいかとお酢で試しても、うっすらピンクになるくらい、それ以上のマジック、不思議・・・!

植物って、自然って、ときどき想像を超えるプレゼントを贈ってくれますね。
スポンサーサイト

初夏の白花水

初夏にはなぜか、白くて香り高い花が多い。
若葉のみずみずしさを含むような潤う空気にのって運ばれる、そんな香りに包まれるのは、この季節ならではの幸せ。
s-IMG_5042.jpg s-IMG_5044.jpg
s-10274288_310619642427332_641116249205472821_n.jpg s-IMG_5047.jpg
中でも、ノイバラやスイカズラは肌に良い生薬。
ノイバラは、江戸時代、らんびきという蒸留器具で蒸留して得たフローラルウォーターが化粧水として用いられていたそうだが、
今回、化粧水作りとして試したのは、
ただ花を水に浸け、花に自然に存在している酵母を花蜜の糖分で発酵させるという方法。
5-6月にかけて、スイカズラと、近所に自生する沿海域に多いテリハノイバラを摘んで・・・。

s-10342502_310619569094006_5625916911253886325_n.jpg s-IMG_5080.jpg
煮沸消毒した瓶に花とひたひたの水を入れ蓋をきっちり締め3日置いた後、室温に出し、数日、発酵させる。
気泡が少々出てきて発酵ぽい感じもしつつ、物の本に書いてある「白濁」というのは確認できず、成功なのかどうなのか今ひとつ不明。
でも使用感は、しっとり保湿力がありいい感じ。

そして今日、道端で葛が花を付けているのに出会った。
夏本番の到来間近、季節は着々と進んでいる。
次は葛の花で試してみよう。

秋の気配とトングレ茶

KC3B0338 - コピー KC3B0335 - コピー

秋の気配を感じると、滋味ある味がますます身に染みておいしいトングレ茶(生姜ブレンド)を今日もオーダー。
そして、その正体がアマドコロの根だと知る。
販売もしてました。

トングレとは韓国語で「丸い」を意味し、飲み続けると、体のバランスを良くし、心身ともにまるく調和の取れた状態になると言われるらしい。
不眠を改善、心を鎮め、血圧を落ち着かせ、からだを潤し、老化防止にもなるのだとか。

北鎌倉ミンカにて。

金銀花

s-スイカズラ葉山1 s-IMG_3446.jpg
初夏の空気を甘くみずみずしい香りに染めるスイカズラの花。
咲き始めは白く、次第に黄色に変わる花は、生薬としては金銀花といい、
消炎、抗菌、利尿、抗炎症などの作用があり、感染症や皮膚疾患、神経痛、風邪、などに用いられるという。
金銀花をウォッカに漬けてみた。
外用にしようか、それとも甘くして香り高く薬効もある「忍冬酒」にしようか・・・?
家康の長寿の秘訣は忍冬酒だったなどという説も。

たからの庭でハーブと暮らす ~3月編~

00IMG_3089.jpg
トトラボ村上志緒先生による講座「たからの庭でハーブと暮らす」も、ついに今年度最終回。
3月20日の今日は、太陽暦の上でも節目の春分の日、春のピークの日。
旧暦では如月(きさらぎ)9日。
「きさらぎ」の意味は、「着更着」(寒さで着物を更に着る、あるいは、寒さがぶり返しいったん脱いだ着物を更にまた着る)といわれるが、
別説の「気更来」(気候が陽気になる季節)、「生更木」(草木が生えはじめる季節)の方がピンとくる。
特に今日はぽかぽか陽気で、春の息吹が一気にあふれ出している・・・!

【季節の自然とチューニングする時間】
01シデコブシ (2) 02キブシ
庭では香り高いシデコブシが満開、そして裏山ではキブシの黄色い花とイロハモミジの萌黄色の新緑が輝いて・・・

03フキの花 04ワサビの花 05カントウタンポポ
足元には、フキ、ワサビ、カントウタンポポの花。
春の体を目覚めさせるおいしい刺激を与えてくれる野草たち。

06ウグイスカグラ 07イロハモミジ 08春の花ボール
木々の中にも、よく見れば、ウグイスカグラやイロハモミジなど、可憐な花が。

【実習】
本日の実習は、冬の間、眠っていた体が活動期を迎えるこの季節に必要なデトックスのための、ハーブパウダーのカプセルと、椿&白樺のバスボム。
09パウダー 10ボム
11ボム2 12ボム3
カプセルに入れるパウダーは、セイヨウタンポポの根のロースト(強肝、強壮、浄血、抗炎症など)、黒葡萄の葉のロースト(抗酸化、収斂)、ネトル(花粉症、デトックス)、エキナセア(風邪予防、抗炎症)。
パウダーは酸化しやすいので、冷凍庫に保存し早めに使い切る。
カプセルに入れても同じ。
服用するときは、室温に戻して飲む方が吸収がよい。
今回のカプセルのサイズは00号というパウダーが0.95g入るもので、ちょっと大き目。
私は、カプセルより、ハーブソルトにしたりヨーグルトにかけるなど食事の中で摂る方が好みだけど、外出先では便利だろう。

バスボムの分量は1つあたり、重曹大さじ3、クエン酸大さじ1、コーンスターチ大さじ1、椿灰小さじ1、ローズパウダー小さじ1/2、白樺の葉の芳香蒸留水を適量。
椿の灰に含まれるカリウムなどの豊富なミネラルと、白樺の芳香成分のペチュレールが新陳代謝を高め、むくみや筋肉痛を解消するという、デトックスバスボム。
精油を加えなくても、白樺水とローズパウダーだけで、ほんのりよい香り。

・・・植物の力も借りて、始動の季節へ!
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。