スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salad from Lazy garden!

Salad from Lazy garden!
「ずぼらな畑の菜っ葉・菜の花」も、英語で言えば、オシャレに聞こえる!?
salad.jpg
12日ぶりに訪れた畑では、以前から咲いていたルッコラや大根に加え、ケールやパクチーも、花盛り!
きちんと手入れされた畑ではありえない眺め・産物だけれど、でも、きれいなのは間違いない。
そして、味はあまり好きではないのに、見た目の美しさについつい育て続けているスイスチャードの葉もひときわ大きく、美しく・・・

13083173_583213701834590_5935504370347374927_n.jpg
これらの花も全部、さらに、大根の青い実もサラダに入れます。

「Lazy garden」特産、「大根の青い実」を食べる人なんてそうそういないかと思いつつ、
FBにアップしてみると、おもしろいコメントをいただきました!

アジアの土着の薬草文化などを調査しているサチさんからは、
「ヒマラヤのコミュニティで食べさせてもらった」とのこと!

とあるサイトの情報も入り、インドやタイでも食され、さらには、「鞘大根」の名で京野菜としてブランド化もされつつあるとか。

実際にお味は、サヤエンドウに大根の辛みを加えたようなさわやかなおいしさ。
通常、根を収穫することに特化した栽培がされていると、目にすること、口にすることないだけで、
食材として、充分にいけますよ!
スポンサーサイト

紅から緑へ・・・

s-IMG_6764.jpg
白く縁どられた葉の形も、微妙な色のバリエーションも、眺めるほどに美しいアシズリノジギクの紅葉。

s-IMG_6761.jpg
長く楽しませてもらいましたが、いよいよもう切戻し、春の準備です。

いつか「みんなの庭木」プロジェクト・・・!?

IMG_6650.jpg
小さな畑で作業中、隣家の奥様から「初生りの柚子をよかったら」とお声かけ頂いた。
いわゆる、柚子の大バカ18年目の貴重な実り!

お返しに、ハンダマ(金時草、水前寺菜)をお裾分けした。
(手前のピンクはおまけ、帰りに道に、かわいくて拾ったマユミの実)

果樹など樹木が植えられる土地を渇望しつつ、
でも、自分で土地を所有するより、
土地持ち、樹木持ちの方とのつながり作っていく方がいいのかも、ということも思う。

例えば、庭木の手入れ・活用がままならない高齢者のお宅を訪ねて、
庭木の手入れとともに、交流や見守りをしつつ、
発生する果実の加工品とか、草木染め製品などの価値も生み出していくとか。

お仲間をゆるく募集してみる!

山裾の畑にも秋

本日の収穫は、夏野菜の名残などに、野菊を添えて・・・

12088041_513304875492140_4430912205959119069_n.jpg

「野菜」よりも、周囲に生える「野草」の収穫の方が多いこともままある、
そんな山裾の畑が、私好みです。

トマト
オクラ ‘ヒルカントリー レッド’
空芯菜
金時草(水前寺菜、はんだま)

カントウヨメナ
イヌタデ(赤まんま)

地大根 採れました!

s-KC3B0459.jpg
さっそく生で食べてみたら、みずみずしくしっかりと身がしまっていて、
かむごとに甘みと辛みが口に広がり、新鮮なおいしさ!

鎌倉で自家採種し続けられている種を分けていただいて、播いたもの。

谷戸底で、日当たりもあまりよくなく、
粘土質の土に腐葉土や米ぬかをすきこんでいるだけの畑に、
莢のような実のまま、地面に刺せばいいんだよと教えられたままの、簡単種まき。
そんなお手軽自然農?でできた、小さいながらもおいしい地大根に、大満足、有難し。

折しも、今日は、1月7日、七草粥の日、その材料となる「すずしろ」ではあるけれど、
でもやっぱり、七草粥の旬は旧暦。(旧暦の元日は、立春に最も近い新月の日です)
今年は2月25日と特に遅く、春間近。

大根は、鎌倉産地大根の次に、仙台地大根という、遅くまでスが入りにくい青首大根も播いている。
旧暦七草の頃には、そちらが収穫できるとよいな。
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。