スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主保育×野草♪

DSC00695 - コピー DSC00694 (2)
地元の自主保育グループの皆さんとご一緒して、春の野草を楽しむ1日♪
今日のお昼ご飯にするため、大人も子どもも一生懸命に、摘んだ野草は、
セリ、カラスノエンドウ、カキドオシ、タネツケバナ、ヨモギ、ウシハコベ、カントウタンポポ、小豆菜(ナンテンハギ)など。

DSC00691.jpg DSC00692.jpg
猛毒のトリカブトやキツネノボタンなど、毒草のお勉強も。

DSC00700.jpg DSC00701.jpg
山登りもがんばって、眺めの良い場所で・・・
DSC00706.jpg DSC00705.jpg
DSC00708.jpg
卵とじ、胡麻和え、サラダ、おひたしなど、それぞれの野草の味わいを楽しみました!

DSC00712 (2) DSC00715.jpg
さらに欲張って、草木染も!
ハルジオンやセイタカアワダチソウなどの外来種主体の野草MIXは、
今日の季節感や子どもたちのエネルギーにぴったりな、明るい黄色の手ぬぐいが染め上がりました!
スポンサーサイト

真冬の森

澄み渡る青空の下、太陽の光を受けた冬木立が光と影にくっきりと塗り分けられ存在感を放っている。
そんな森の中を歩き進むと。

DSC00572.jpg
目の前に現れたつらら軍団が、冷え切った闇夜の名残を見せつけ、陽と陰の鮮やかな対比をまた感じる。

DSC00554.jpg DSC00550.jpg
秋にピンクの花を愛でたタニジャコウソウは、冬もまた可憐。
枯れた実の立ち姿も、足元に霜柱を花のかたちにまとう様子も。

yabunosora.jpg
笹藪が少し伐り拓かれた「秘密基地」を見つけて休憩。
目の前の藪の中には、お腹の萌木色が鮮やかなアオジが1羽。藪に囲まれた安心感を共有したかのような。
隣の友は「日だまりの地面に寝そべるのはタンポポ(のロゼット)になったよう」と。
鳥になり花になり、森の中、束の間のリフレッシュタイム。

今日も森にありがとう

いつもの森へ。

DSC00372.jpg

DSC00399.jpg

DSC00403.jpg

寝ころんで見上げる森の空。
物事が、なかなかうまくは進まなくても。
揺らめく木々の葉、せせらぎの音に心ほぐされ、
流れる雲が、もやもやしたものを掃きさらってくれた。


DSC00341.jpg
DSC00345.jpg

3週間前には探せなかったカリガネソウや、
固い小さな蕾だったタニジャコウソウは、
静かに華やかに舞うように。

ツリフネソウまつり♪

DSC00394.jpg DSC00392.jpg
DSC00369_20161006232045fbe.jpg DSC00377.jpg
DSC00381.jpg DSC00395.jpg
DSC00389.jpg

二子山森戸川源流域にて

外来種で生け花キャンペーン!?

畑に行く途中の道端で、
アメリカフウロの草紅葉とシャンデリアのような実の形のきれいさが目に留まり、
「外来種を採って生け花キャンペーン(フォトコンテストとか)」という、
外来種除草と普及啓発を兼ねた活動ができたら面白いかも、と思い付いた。

アメリカフウロはやり過ごしたけれど、
畑に着いて、畑で点々と咲いてしまっているハタケニラは、逃さず、早速摘んで持ち帰り・・・

hatakenira.jpg

畑の強害草としても知られるハタケニラ。
でも、もともと園芸植物として導入されただけあって、花はなかなか美しく、
ナチュラル系が好まれるこの頃、花屋で売っていてもおかしくないくらいの見栄えがある。


FBにアップしたら、さっそく、ハタケニラが自宅の庭で猛威を振るっているという友人が、
素敵にいけた写真をアップしてくれた! ↓

ikebana.jpg

そうそう、こんな、さりげなく素敵な感じがいいですね。
ハタケニラにハルジオンも外来種。
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。