スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバアケビのつるの籠

ミツバアケビのつるでかごを編みました。
昨年まで住んでいたアパートの庭で採取したもの。
DSC00888.jpg
東京から引っ越してきて、庭にその芽生えを見つけた時には、自然豊かな地に暮らし始めたということを感慨深く実感したものでした。
その後数年を経て、花が咲き、実を味わい、そしてようやくつるを形にすることができました!
ミツバアケビのつる
ミツバアケビの花
ミツバアケビの実

スポンサーサイト

雑穀のミニかご

雑穀ミニかご

雑穀のミニかごを2つ、キビ(左)とタカキビ(右)。

雑穀ブーケ
2014年にファームスティさせていただいたたまゆら草苑さんからお土産に戴いた雑穀のブーケが美しくて、
ず~っと部屋に飾っていましたが、ふと思いたち編んでみました。

ベースはとうもろこしの皮(タカキビ用にはコアカソで染めたもの)、苧麻の糸で巻き編み。

カラムシで帽子

「たからの庭」で旺盛に生育するカラムシが、おそうじ会で集中除草の対象に。
管理人さんは「迷惑草」とおっしゃいますが、
縄文の昔から、その繊維が利用されてきた有用植物(カラムシについてはこちらの記事を)。

庭掃除に集まったお仲間たちに、そんな話をしたら、皆さん興味を持ってくれて、
繊維を採るために、カラムシを持ち帰る方が続出でうれしい。
言い出しっぺの自分が、ちゃんとカタチにできるかちょっとプレッシャーでしたが・・・

カラムシの皮
カラムシの茎の皮をはいだのがこちら。

「上布」など衣類用には、外皮は使わず、
白く光沢がある繊細な内皮の繊維のみをこそげ取り、糸に撚りますが、
今回は、このまま外皮ごと、固さと素朴さを活かし、帽子を編んでみることを思い立ち・・・

帽子
目論見どおり、完成しました!

こんな有用な素材が、身近に豊富に生育していて、タダで手に入るという、自然の恵みに感謝。
そして、このご時世(改憲?、安保法制、TPP・・・)、
改めて、ガンジーのカディ運動(衣類の自給自足推進)に学びたいとか、
お金って、価値の尺度でなく、身近に無い物を手に入れる手段とか、思いを巡らせたり・・・。
(帽子1つで語りすぎ?!)

たからの庭のコアカソで草木染めブローチづくり150827

たからの庭のコアカソで草木染めブローチづくり(20150827)写真アルバム。
s-IMG_6154.jpg s-IMG_6163.jpg
s-IMG_6168.jpg s-IMG_6172.jpg
s-IMG_6177.jpg s-IMG_6184.jpg
s-IMG_6194.jpg s-IMG_6204.jpg
s-IMG_6213.jpg s-IMG_6215.jpg
s-IMG_6216.jpg s-IMG_6238.jpg
s-IMG_6245.jpg s-IMG_6248.jpg
s-IMG_6264.jpg s-IMG_6266.jpg
ご参加の皆さまとたからの庭に、今日も感謝・・・!

カディのストール ログウッド染め

ログウッド染めによる美しい茄子紺色!
日頃は、身近な植物で、手入れと一石二鳥、共存の草木染めを第一にしている私ですが、市販の植物染料の鮮やかな発色も、やっぱり魅力的。
Yasさん、カクロウ先生、正月ハウスの皆さま、ありがとうございました!
IMG_5724.jpg IMG_5735 - コピー
カディ(インド伝統の手紬・手織り木綿布)をストール状にカットして染め、布端を切りそろえた端切れで、コサージュも。
カディは、染料の浸透がよく、下処理なしでもよく染まるし、風合いもソフトで、ずっと触れていたい触り心地。
色合いの合うノササゲの実とともに撮影!

IMG_5659 - コピー
帰り道の秋谷の空も美しく染まっていて・・・
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hare+

Author:Hare+
人も植物も ともにいきいきと つながりたい!
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
*森林インストラクター
*ビオトープ管理士(計画部門1級)
*緑花文化士

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。